どもり矯正の知識で解決

どもり矯正の知識で解決

どもり矯正の知識で解決

最近、知り合いにどもりの友人がおり、今後のことが心配だから、インターネットで検索してみると、どもり矯正の知識で解決について悩まれている方が多い。他にも就職活動や子供のどもり・・・などそのような悩みに深刻に悩まれている方が多いようです。

しかしながら、どもり矯正の知識で解決について悩む前に、最近ではいろんな解決法、情報があるということを知っていただければと思います。例えば、以下のような実経験に沿った手法など参考にされてはいかかでしょうか?

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック

●スキャットマンの現在は?
スキャットマンの現在は?昔、流行った、外国人歌手「スキャットマン・ジョー」は今でもスキャットしてるんですか?
続き

子供の吃音とは

どもり矯正の知識で解決

大人にも多くみられる吃音症。
これは子どもの頃、それも比較的幼い頃に発症している事が、ほとんどのようです。

特に男の子には吃音症を抱える子が多く、その数は女の子の約3倍にものぼります。

ですが、そのほとんどは10代前後で治まるので、幼少期の吃音は、それほど心配する必要はないかもしれません。

ただ、小学生〜それ以降になっても治まらない、いわゆる「慢性的吃音症」になる子どもの場合、自然に改善される事は少ないので、対策が必要となるでしょう。

「不安」は吃音の悪化に大きく関係していますが、この事が悪循環を生みだす事が多々あります。

子どもは無邪気ゆえに残酷でもあり、特徴のある話し方を馬鹿にしたりする事が少なくありません。
これによって受ける屈辱は、今後の成長に大きく影響を与えます。

吃音を嫌悪する事により、会話を極端に拒んだり、うつ状態になってしまう事や、不登校に陥る可能性も否定できません。

自分が人よりも劣っているからだと、悲観的になる傾向もあり、それが社会へでても、マイナス思考に陥りやすい大人になってしまう事も懸念されます。

そうならない為には、専門機関での治療や、家族の理解が大変重要になってくるでしょう。

家族の不安は子どもには簡単に伝わります。
否定や威圧も、悪化の原因にしかならないので、絶対に避けてください。

まずは親がゆとりを持って接し、プレッシャーから解放してあげる事がなにより大切です。

「つらい事があっても、家に帰れば最高の理解者がいる」これ以上の安心はありません。

重度の吃音どもりで21年間苦しみ続けた私が、
自宅での1日9分の簡単なトレーニングで克服し、
高校教師になった方法を知りたくないですか?


>> 知りたい方はこちらをクリック

Ads by Sitemix